Blog | Novel | Photo


by souisland
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0057774_2252170.jpg




いま、とても気持ちココロ良く執筆活動がスタートした。

何年ぶりだろう。

ただ今回は、今回も何作か良いモノをあげてみたいのだ。

時間はかかる。お待ちあれ。(sou)






souの創作小説はこちらから「fantasia souisland music novel」
[PR]
by souisland | 2012-02-05 23:06 | ●日々の出来事 | Comments(2)
僕がこのアルバムに出会ったのは
一日3時間ぐらいクラシックギターの練習をする青少年だった頃。
(でもエレキギターへの熱い想いがつねにあった)


b0057774_23484414.jpg



「ジェイ・グレイドン」
「スティーヴ・ルカサー」「ラリー・カールトン」と言う
今も当時も崇拝するアーティストをキーワードに
楽器店の夥しい枚数の洋楽のアルバムの
間を泳ぐように探しまくって
見つけ出した一枚だった。うん、奇跡のね。


スティーヴ・キプナーの最初で最後のアルバム。

そして、ジェイ・グレイドンの初プロデュース作品。


廃盤になっていた伝説の本編。
ボーナストラック2曲の追加収録により
このアルバムにまつわるすべての音源を網羅した事になる
いわゆるマニア垂涎の復刻完結版が出ている。


自宅に帰って、初めて聴いた瞬間
自分レベルでは想像もしていなかったような楽曲が
次から次へと繰り出され呆然と、聴き入るしかなかった。
そして繰り返し聴き続けた。感動と興奮の連続だった。


僕は当時スティーヴ・キプナーの事を
ジェイ・グレイドンが連れてきたアイドルのようなもので
ただの歌手程度に思っていた。


これが大きな間違いで、
彼はその後オリビア・ニュートン・ジョンの「フィジカル」を筆頭に
シカゴやジャック・ワグナー、ジョージ・ベンソン、マークジョーダン等に
数多くの楽曲を提供する偉大なるコンポーザーへと成長を遂げるのだった。
本作はその大いなるステップになったアルバムだったと言える。


DRUMS:Jeff Porcaro
KEYBOARDS:David Foster
BASS:David Hungate
GUITER:Jay Graydon,Steve Lukather,Larry Carlton
B.VOCAL:Bill Champlin


二度と再現する事の出来ない豪華メンバー。
バック・ヴォーカル、ビル・チャンプリンて(笑)
シカゴのヴォーカルですよっ!


そして語り継がれるのが「THE ENDING」
約2分間におよぶジェイ・グレイドンのギターソロが炸裂する。
このギターソロの事を
僕はもはやジェイ・グレイドンの「発明」と呼んでいる。
メロディーをつけたとか、作曲したとかの言葉があまりにも陳腐で
「発明」という言葉でしかこのギターソロを賞賛出来ないからだ。


ただこのギターソロはフェードアウトされて終わっている。
フェードアウトされながらもジェイ・グレイドンのギターは
ノリノリのままだ。
たぶん、たぶんだが15分は続いているかもしれない。
その未収録分が追加発売されて初めて復刻完結版「ファイナル」
ではないだろうか。なーんてね。


僕が西海岸を夢見る青少年だったころ
ずっと聴き続けたAORの集大成として
このアルバムを超える一枚はもう出る事はないかもしれない。(sou)




souの創作小説はこちらから「fantasia souisland music novel」







[PR]
by souisland | 2012-02-05 00:02 | ●お気に入り | Comments(0)